スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「死刑は重すぎる」

単純な疑問なんだけど...

 東京都江東区のマンションで昨年4月、会社員の東城瑠理香さん=当時(23)=が殺害されバラバラにされた事件で、殺人などの罪に問われた2室隣に住む元派遣社員、星島貴徳被告(34)の判決公判が18日、東京地裁で開かれた。平出喜一裁判長は「冷酷な犯行だが、殺人と死体損壊・遺棄に計画性はなく、死刑をもって臨むのは重きに過ぎる」として無期懲役(求刑死刑)を言い渡した。

 被告に前科がなく、犠牲者が1人の殺人事件での極刑選択の適否が最大の焦点。証人出廷した遺族は死刑を求めたほか、被告自身も最終意見陳述で死刑を望んだが、従来の判例を踏襲する量刑判断となった。

 平出裁判長は判決理由で、犯行動機を「ゆがんだ性的欲望のため『性奴隷』にしようと被害者を拉致した」と認定。殺人と死体損壊・遺棄について、「事件の発覚を防ぐには被害者の存在自体を消してしまうしかないと考えた。極めて自己中心的かつ卑劣で、酌量の余地はない」と、指弾した。

 そのうえで死刑適用の是非について検討を進め、「被害者が1人の事案では、ほかの判断要素で強度の悪質性が必要」と判示。

 (1)犯行態様は残虐極まりないとまではいえない(2)事前に殺害のための凶器を用意しておらず、殺害は計画的ではない(3)拉致後、当初の目的だったわいせつ行為はしていない(4)前科もなく、謝罪の態度を見せている-など被告のために酌むべき事情を挙げ、無期懲役が相当と結論づけた。

 公判では、分かりやすい立証が必要とされる裁判員制度を念頭に置き、検察側はマネキンを使った遺体殺害時の再現画像や肉片の写真などを大型モニターに映しながら、被告に犯行状況を確認。遺族が泣き出して退廷した場面もあった。

 判決によると、星島被告は昨年4月18日夜、東城さんをわいせつ目的で自室に連れ込み、包丁で刺して殺害。遺体をのこぎりなどで解体し、翌5月1日ごろまでに自室のトイレに流したり、別のマンションのゴミ置き場に捨てたりした。

 東京地検の谷川恒太次席検事の話「死刑が選択されなかった点については遺憾。判決内容を精査し適切に対応したい」
【Yahoo!ニュースからコピペしまつた(o*。_。)oペコッ】


被告人のあんちゃんは...

 
定額給付金をもらえるんだろうかヽ(~~~ )ノ ハテ?

...っていうか
このあんちゃんは死刑でも軽すぎると思う( ̄o ̄;)ボソッ
...っていうか
不景気で食べるものに困ってる人もいるっていうのに
無期で3食確保かよ┐(-。ー;)┌ヤレヤレ

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。